記事一覧
緊急避妊ピルには豆乳と同様女性ホルモンが含まれている

緊急避妊ピルは、避妊に失敗した性交渉後の妊娠の可能性がある場合に、緊急の手段として使われる緊急避妊法です。 一般的には、アフターピルや、モーニングアフターピルなどと呼ばれています。 使い方は、避妊に失敗した性交渉後、72時間以内に緊急避妊ピルを服用すれば、避妊効果を得ることができます。 月経にかかわる女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があり、卵胞ホルモンは、4週間ごとに卵子を1つ成長させ、排卵させ子宮内膜を厚くすることです。 一方の黄体ホルモンは、排卵4週間後に卵胞ホルモンが少なくなる時期に分泌され、卵子が子宮に着床できる状態にします。 この黄体ホルモンの分泌がなくなると同時に子宮内膜がはがれ生理が起こります。 緊急避妊ピルは、この黄体ホルモンの作用にかかわってきます。 ピルには、豆乳イソフラボンと同様に女性ホルモンが含まれています。 これを大量に摂取することによって、人工的に子宮で黄体ホルモンが分泌された状態を作ります。 緊急避妊ピルを飲み終わると、黄体ホルモンと同じ作用を起こす物質が子宮にこなくなり、生理が起こるため、妊娠を防ぐことができます。 緊急避妊ピルは、メカニズムがわかっている安全な薬ではありますが、日本では保険の適応外で、医療機関によって値段が一定ではありません。 また100%の避妊に成功するとはいえず、女性ホルモン剤であるため、大量に摂取すると頭痛や吐き気などの副作用を伴います。 心配だからと自己判断で多めに服用するのは危険なので注意が必要です。 また豆乳や豆乳イソフラボンサプリと一緒に服用することは危険です。 女性ホルモンを過剰に摂取することになり、乳がんなどを発生するリスクも高まりまるから注意しましょう。 そのため妊娠を望まない場合には、日頃から低用量ピルなどを使用し、避妊しておくことが大切です。

2019年12月01日
横浜における緊急避妊ピルの普及について

低用量ピルによって避妊効果があり、そして子宮がんや卵巣がん、そして肌トラブルを避けることができることを知っている女性は多いようです。 低用量ピルによって生理痛の軽減や出血量を少なくすることも学校で知る女子も多いのですが、緊急避妊ピルの存在を知らない人が女性の3人に1人と言われています。 絶対の避妊はピルを使うことでしかできず、リズム法とコンドームといった避妊具をどんなに使っても完璧な避妊ができません。 妊娠の可能性について知るべきであり、そしてもしものときは緊急避妊ピルによって妊娠を高い確率で防ぐことができることを知るべきです。 日本全体で緊急避妊ピルの普及がまだ滞っていることから、横浜でも同じ状況になるでしょう。 横浜でも不幸にも中絶という措置をする女性がいます。 もちろん横浜もそうですが、日本全体で取り組むべき問題になるでしょう。 普及を邪魔している存在として、日本の性教育事情が挙げられます。 臭いものに蓋をする風潮が日本社会全体になることから、なかなか性教育が進んでいない実態です。 性行為、そして異性に性的な興味を持つこと自体をタブー視する風潮が、不幸な少女たちを生んでいる可能性も指摘されています。 もちろん事件性がある場合でも緊急避妊ピルを使うことができ、望まない妊娠を防ぐことができます。 緊急避妊ピルがあるということを知るだけで、少女や女性を救うことができるのです。 まだまだ普及はされないでしょうが、インターネットが普及した現在、このような記事が表に出て、悩んでいる女性が検索することで緊急避妊ピルの存在を知ることができるでしょう。 72時間以内といったリミットがありますので、このような存在を知り迅速に動くことを願っています。

2019年10月31日
低用量ピルは緊急避妊ピルと違い休薬期間を設ける

ピルには、定期的に毎日飲むことで避妊効果を得られる低用量タイプのピルと、セックスの際に避妊に失敗した場合に妊娠を回避するために緊急で服用する、中容量タイプの緊急避妊ピルがあります。 緊急避妊ピルは、モーニングアフターピルと呼ばれ、72時間以内に服用すると高い確率で妊娠しなくなりますが、100%と絶対に妊娠しないというわけではありません。 ピルの種類によって飲み方は様々ですが、初めに1錠飲んだあと続けてもう1錠飲み、数日から3週間以内に生理がくれば避妊に成功したことになります。 しかし、3週間経っても出血が見られない場合には妊娠している可能性もあるので早めに婦人科で診察を受けるようにしましょう。 毎日飲む必要がある低用量タイプのピルは、緊急避妊ピルとは飲み方が違います。 低用量ピルは、生理周期を28日間として、生理期間の7日間を薬を飲まない休薬期間とし、それ以外の21日間は欠かさず服用します。 休薬期間の薬の飲まない間は妊娠してしまうのではないかと思われますが、正しく飲んでいれば休薬期間であっても避妊効果は持続していますので、その間はセックスしていても妊娠する確率は低いです。 病院によって異なりますが、初めは3シートから6シートくらい処方されて1シートずつ飲んでいきます。 3シート目くらい飲み始めて吐き気や胸の張り、あるいは生理が来なくなったりすることもあるようですが、薬が体に慣れるまでは個人差があり、なかなか慣れずにいつまでも症状が収まらない場合もあります。 また、その時の体調によっても変わってくることもあるため、3シート目で生理が来ないなどの何かしらの症状があっても、徐々に落ち着いてくるのであればそのまま同じピルを服用していても問題はないですが、いつまでも不調が続くようなら一度婦人科に相談してみましょう。 体質によって合わない薬もあるため、別の種類のピルを出してもらい様子を見ましょう。

2019年10月02日
緊急避妊ピルは病院では保険適用できない?

気をつけていたのにセックスの時に避妊に失敗してしまった、というのは長い人生であれば誰にでも起こるものです。 だからといって、そのまま放置して子供が出来ても、まだ子供を育てる自信がないという人はいることでしょう。 そんな時は、病院で処方してもらう緊急避妊ピルで避妊を回避しましょう。 緊急避妊ピルはアフターピルとも呼ばれ、基本的には婦人科などの病院で処方してもらいます。 それ以外の科でも処方してもらえることもありますが、ピル自体に否定的だったり、関係ない分野だからあまり知識のない医師もいますので、確実にもらいたいのであれば同じ病院でも婦人科を選ぶほうが良いでしょう。 緊急避妊ピルは、保険適用ができません。 なぜなら、いくら緊急であっても避妊は病気ではないので、病気と判断されない場合には保険適用できないと思ってください。 未成年で緊急避妊ピルが欲しい場合も保険適用はできませんが、保険証が身分証明になりますので提示したほうが良いですが、親に知られたくな場合はあらかじめ伝えておくようにしましょう。 保険適用はできないので、初診料や検査料、処方料や薬代などを入れて一万円あれば少しお釣りがくると思うくらいの費用がかかります。 ちなみに、月経困難症やPMSなどの改善のために低用量ピルの服用をしたい場合、日常に支障が出るほど困難な状態であると病気認定されれば、保険適用ができることもあります。 ただ、「緊急避妊ピルがあれば避妊しなくてもいつでも回避できるんだ」という考えはやめてください。 このピルは、体内に女性ホルモンが大量に入ってくることによって人工的に生理を起こさせて妊娠しないようにする薬ですが、女性の体に非常に負担をかけますので、何度も使用していいものではありません。 今後のことを考えてもセックスの際は必ず避妊するように心がけましょう。

2019年09月05日
緊急避妊ピル服用で殺菌しても治りづらいにきびも治せる

緊急避妊ピルは基本的に避妊をする為に服用する薬ですが、避妊以外の様々な効果を期待して服用することも出来る薬です。 彼氏がいなくてセックスを普段する機会がないという女性であっても、生理不順等を治す為に緊急避妊ピルを服用している人は沢山いるのです。 そして今最も注目されている緊急避妊ピルの効果として、にきびを治療することが出来るというものがあります。 にきびの中でも大人に出来るいわゆる大人にきびというのは物凄く頑固なもので、一度出来てしまうとなかなか治らずに跡が残ってしまう場合も沢山あるのです。 一般的ににきびの治療には殺菌が効果を発揮すると言われていますが、毎日毎日殺菌を続けてもなかなか大人にきびが治らないという女性は沢山いるものなのです。 それだけ大人にきびというのはしつこいものなのです。 しかしこれまでどれだけ殺菌しても治らなかった大人にきびが、緊急避妊ピルの服用を続けることで治ったりするものですから、もはや緊急避妊ピルが手放せなくなってしまったという女性も沢山存在しているのです。 もちろん緊急避妊ピルを継続してある程度長期間に渡って服用していかなければ、にきびを治すことは出来ません。 また途中で服用を止めてしまうのも良くありません。 緊急避妊ピルにニキビ治療薬と同様の効果を求めたいのであれば、しっかりと毎日服用をしていく必要があるのです。 緊急避妊ピルを服用することで大人ニキビを治療することが出来たのならば、ニキビを治す為の特別な成分が含まれている基礎化粧品等も使う必要がなくなり、その分お金を節約することも出来ます。 なのでその浮いたお金でこれからは避妊ピルを購入していくようにすれば良いのです。

2019年08月08日
妊娠状態で緊急避妊ピルを服用した場合

緊急避妊ピルは、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンを有効成分としたお薬です。 避妊を目的として生理周期のとおりに毎日1錠ずつ飲むタイプの一般的な避妊ピルにもこの成分は含まれていますが、それよりも含有量としてはかなり高めになっています。 この緊急避妊ピルが作用するメカニズムですが、服用によって血液中のホルモン濃度が一定以上の状態になることによって、排卵が抑制されて、受精しなくなるため、結果として妊娠には至らないということになります。 そのため、無防備な行為をしてしまったあと、できるだけはやく、72時間以内に服用しなければならないものとされています。 当然のことながら、妊娠を阻止するために飲むお薬ですので、すでに妊娠してしまった場合、すなわち、卵巣からの排卵が起こって受精卵が子宮内膜に着床してしまった場合については、緊急避妊ピルの作用メカニズムの範囲外となり、もはや避妊の効果は期待できません。 そこで、通常はこの緊急避妊ピルを飲む前に、妊娠検査薬などで確実に妊娠していないかどうかを事前確認することになります。 また、緊急避妊ピルを服用した場合であっても、ごく稀なことですが、臨床試験の結果などからみて数パーセント程度は妊娠してしまう可能性も捨てきれず、絶対確実に避妊ができるというものでもありません。 通常、この緊急避妊ピルを飲んで効果があれば、数日から数週間後には生理がおとずれ、特に出血過多ぎみになることもあるとされていますが、もしピルの服用後、予定よりも1、2週間ほど生理が遅れるようなことがあれば、妊娠している可能性もありますので、速やかにかかりつけの産婦人科医を受診することが勧められます。 なお、妊娠状態での女性ホルモンの濃度は、緊急避妊ピルの服用時などよりもはるかに高めですので、仮に妊娠している最中に緊急避妊ピルを服用したとしても、赤ちゃんに奇形などが発生する心配はありません。

2019年07月23日
あくまで緊急用の対処である緊急避妊ピル

緊急避妊ピルは、他のなんらかの方法による避妊に失敗してしまったときや、女性の意図に反して行われた性行為の後で避妊が必要になったときなどについて、緊急に妊娠を阻止するために用いられるお薬で、産婦人科などの専門の医師による問診が必要となります。 緊急避妊ピルは、いわゆる黄体ホルモン剤と呼ばれるタイプのお薬で、これを服用することによって、一時的に血中のホルモン濃度が上昇するため、排卵が起こらなくなり、着床・妊娠が成立しなくなります。 この緊急避妊ピルの服用方法としては、妊娠する可能性のある行為があった後、72時間以内に2錠を服用するものとされており、これによって避妊できる確率はかなり高いものの、2パーセント程度は妊娠する可能性もあり、100パーセント確実に避妊が成立するというものでもありません。 一般的な避妊ピルであれば、生理がはじまった日の当日から服用を開始して、毎日1錠を決められた時間帯に服用することが必要となり、女性にとってはわずらわしい手間がかかることから、緊急避妊ピルで一挙に避妊をしたいという気持ちにもなることでしょう。 しかしながら、緊急避妊ピルは、その名の通りあくまでも緊急の目的に限ったものですので、一般的な避妊ピルの代用にはなりません。 一般的な避妊ピルは、毎日の服用でホルモン濃度を常に一定以上に保っていますので、正しい服用方法であれば、緊急避妊ピルよりもはるかに確実性が見込まれており、失敗して妊娠する割合は0.1パーセント程度にとどまるとされています。 また、さまざまな性感染症をパートナーとなった人から移されないようにするためには、従来どおりのゴムの使用による避妊も効果的となります。

2019年06月26日
男性側に依存してしまう避妊

妊娠の可能性があるのは女性だけであって、その女性と性行為をした男性の側には起こり得ないことは生物学的にも明らかですが、わが国では女性主体の避妊がなおざりにされている状況が昔から続いてきました。 1952年以降に毎日新聞社人口問題調査会が、2002年からは国の補助金を受けて日本家族計画協会などが「男女の生活と意識に関する調査」として、それぞれ国民が実際に選択している避妊方法について調査したデータが経年的に明らかとなっています。 これによれば、最新のデータを見ても、かつてとそれほどの違いがなく、男性側のゴム装着による避妊が79パーセントとひじょうに高い割合を示しています。 いっぽう、国際連合による統計資料を見る限りでは、世界における避妊方法は女性の避妊手術や子宮内避妊具の装着といった、女性が主体的に避妊を行うことができる方法が上位を占めており、日本の状況はかなり特殊というます。 こうした男性側に依存してしまう避妊方法では、時として女性がまったく望んでいないのにもかかわらずに妊娠してしまうようなことも珍しくはありません。 もし望まない妊娠をしそうだという場合には、現在では日本国内でも緊急避妊ピルが医薬品として承認されていますので、かかりつけの産婦人科などを大至急受診して、この緊急避妊ピルの処方を受けることができます。 緊急避妊ピルは、妊娠のおそれがある性行為をした後、72時間以内に服用することができれば、かなりの避妊効果が発揮できる、錠剤タイプで飲むだけの医薬品となっています。 この緊急避妊ピルには、女性ホルモンのはたらきを持つ化学物質が含まれていますので、この物質が体内に摂取されることによって、主として排卵を抑制する効果を生じて妊娠を防ぐことが可能となるのです。

2019年06月08日
緊急避妊ピル使用への抵抗感

避妊の手段にはさまざまなバリエーションがありますが、日本国内ではまだまだ男性側のリードによるゴム装着での避妊が中心です。 2年ごとに実施されている「男女の生活と意識に関する調査」において、避妊をしている人に主な避妊方法を尋ねた設問では、全体の8割ほどを占めています。 いっぽう、女性の側の努力によって避妊ができる避妊ピルの使用については、同じ調査で全体の3パーセント程度を占めるにとどまっており、避妊ピルの使用にかなりの抵抗感があることがうかがえます。 これは、薬局、ドラッグストアやコンビニエンスストアでも購入できるゴムに対して、避妊ピル、なかでも緊急避妊ピルのようなものは、かならず産婦人科医の診察を受けて処方されてからでないと入手できないという、アクセスの困難さも原因しているものとみられます。 しかしながら、避妊に失敗して直接的な被害をこうむるのは決まって女性の側ですので、日常的・計画的に使用できるのであれば避妊ピルを、もし緊急に避妊の必要があれば緊急避妊ピルを服用することにより、かなりの確率で望まない妊娠を避けることができるという事実は、忘れてはならないといえます。 通常の避妊ピルは、生理の初日から毎日1錠ずつを服用することで避妊の効果があり、もし服用をやめれば妊娠することも可能です。 緊急避妊ピルについては、妊娠しそうな行為があってから72時間以内に決められた錠数だけ1回服用することによって、すみやかに妊娠を防ぐという効果があります。 いったん妊娠が成立してしまってからでは人工妊娠中絶手術という方法をとらざるを得ず、女性への精神的・肉体的な負担はさらに大きなものとなりますが、避妊ピルの服用は、妊娠そのものを未然に阻止するという方法ですので、まだしも負担感は少ないといえるでしょう。

2019年05月24日